More from: BOとは?

1分でわかるバイナリーオプション

上がるか下がるかを選ぶシンプルなFX

投資ビギナーでも始めやすい為替取引

バイナリーオプションは「外為オプション」とも呼ばれる初心者向けのFXです。「上がるか下がるか」というシンプルな取引ルールと、1回1,000円で試しに為替取引ができるので、新規で始める人が増えています。

未経験者が「為替取引」と聞くと、銀行の外貨預金を思い浮かべる人がいますが、銀行の外貨預金はFXの10倍以上の手数料がかかるので、ネットが使えない高齢者向けの商品と言えます。

しかし「外貨預金よりもFXのほうが優れている」といったイメージは浸透していません。初心者はFXの複雑さやリスクを嫌って、始めるのをためらうケースも見られます。

FXとは「米ドル/円」といった通貨ペアと「1万通貨」などの取引数量を選んで、あとは好きなタイミングで売買する流れですので難しくはないです。

円高か円安をボタンで選ぶただ、1回数十万円を取引するので気軽に練習はできません。そこで初心者はバイナリーオプションを始めます。

バイナリーオプションは2011年に誕生した新しいサービスです。右にある画像を見てもわかる通り、円高か円安をボタンで選ぶだけのシンプルな仕組みになっています。

バイナリーオプションは米ドル/円などの通貨ペアについて、取引開始時の価格から10分後の価格が「円高か円安」のどちらになるかを予想します。

バイナリーオプションの4つのメリット

バイナリーオプションは円高か円安を当てるといった、FX初心者にもわかりやすい仕組みです。取引額も少額で済み、1日における売買チャンスも豊富にあります。その日のうちに損益の結果が出るために、いつまでも含み損を抱えたままでいることもありません。

1バイナリーオプションは取引ルールがわかりやすい

10分後の為替レートが円高か円安を予想します。例えば、開始レートが「1ドル=80円」だとします。

10分後の価格が「1ドル=80.001円」以上になる、つまり上昇するなら「円安」を選択します。逆に「1ドル=79.999円」以下になる、つまり下落するなら「円高」を選択します。

あとは取引終了を待てばOKです。予想が当たれば取引額の2倍の額が利益として得られ、ハズれると取引金額のみが損失として計上されます。

21,000円から始められる少額取引ができる

購入金額はFX会社にもよりますが、例えば、GMOクリック証券では1,000円から最大30,000円まで取引可能です。

また、取引手数料は無料ですので少額から始められます。予想がハズれた場合も取引額以上には損をしないので、リスクも限定的です。

3取引するタイミングが1日10回もある

取引時間は月~金曜日の午前8時~翌朝の午前5時です。申し込みは2時間おきですので、1日の総取引回数はGMOクリック証券では10回あります。このルールはFX会社ごとに異なり、例えばトレイダーズ証券では119回とバラつきがあります。

取引環境はパソコンとケータイの両方ででき、さらにAndroidアプリやiPhoneアプリもありますので、外出先でもチャンスは逃しません。

4翌日に持ち越さないので精神的にラクになる

FXでは予想に反した場合は「明日には戻るかもしれない」と思って、損切りせずに放置してしまうケースが散見されます。そのあとはもっと損をして、損失額が拡大することもあります。

しかし、バイナリーオプションは必ず10分後には結果が出るので、気持ちの切り替えが可能です。

GMOクリック証券の取引画面

バイナリーオプションは上がるか下がるかを2択で予想するため、勘だけを頼りに始めたら勝率は50%に集約されます。それをタイミングを見計らって取引をしたり、経済指標を参考にすると予想精度は増していくでしょう。

FXでは1回の取引が数十万円単位でしたが、バイナリーオプションは1,000円ですので、仮に失敗しても損失は少なくて済みます。

バイナリーオプションでコツがつかめたらFXに切り替えることも可能ですし、バイナリーオプションのみで資産運用している人もいます。

このバイナリーオプションができるFX会社は数社ありますが、GMOクリック証券やトレイダーズ証券などの限られたFX会社のみで扱っています。


バイナリーオプションの魅力

FXよりも取引しやすく稼ぎやすいBOの魅力

最近の投資ブームもあり、FXを始められる方が増えているように感じます。

ただ、FXで満足のいく成果を残していくには、それなりの研究と努力が必要です。

1つの取引において、まず取引通貨を選択します。そのうえでどのようなスタイルで売買を行うか(成行・指値)を決めます。さらに、新規注文が成立した後は、決済の注文も必要となります。これがFXにおける一連の注文の流れですが、その通貨の動きになじんでいること、注文のタイミングを図るというセンスも必要です。

このような難しい点もあることから注目されているのが、同じFXのバイナリーオプション(BO)取引です。端的に言いますと、選択した通貨がある一定の未来において、現在レートよりも上昇しているか下落しているかを予想すれば良いのです。

先ほどのFX取引においては、注文のタイミングを図る必要がありましたが、それが不要となります。

当たる確率は2分の1です。

FX取引において勝率50%もあれば大きく資金を増やすことができるほどです。つまりFX取引と比べて稼ぎやすいとも言えます。

また、予想するのは、現在から1時間以内、4時間以内、1日以内と選択することができます。これにより、普段見ているチャートの中で、自分が最も読みやすい時間チャートを予想の対象として選択することができるのです。

また、1時間以内の予想であれば、1日に何回も注文ができます。可能であれば1日に10回以上の注文ができるということになります。

もし10回連続で予想が当たれば、資金はいったいどのくらい増えるでしょう。自分で倍率は選択可能ですが、仮に全額かけた場合、元々の資金が1000円であれば、1000×2の10乗で、512,000円まで資金を一気に増やすことができます。(なお全額かけるのはあまりおすすめはしません)

このようにFXよりも仕組みは容易でありながら、資金を増やすのも容易にできるBO.。

ぜひ1度取引してみてはいかがでしょうか


バイナリーオプションとは

バイナリーオプションはトレードのひとつで、FXや株式、先物取引などと違い、一定時間の間に相場が上がるか下がるかを予想することを基本としたシンプルな取引です。

その際選べる銘柄は為替の通貨ペアや株式、先物や株式指標など様々あり、トレーダーが得意としている銘柄を選んで、その相場で取引を行なうことができます。
選べる銘柄は、バイナリーオプションを取り扱っている業者によって異なりますので、始める前には一度確認してみることをおすすめします。

相場が上がるか下がるかだけを予想する取引になりますので、初心者でもすぐに始めることができるため、幅広い層に支持され急激に人気を博している取引となっているのです。

たとえばFXのバイナリーオプションに参加するとして、ドル円を取引銘柄に選んだとしましょう。その時点のドル円が1ドル90円だった場合、設定された時間内に90円より値上がりするのか、あるいは値下がりするのかを予想することになります。

その際、設定時間内で上がるか下がるかだけを予想するだけではなく、設定した値動きの範囲を超えるのか、あるいは超えないのかなどを予想する方法もあり、組み合わせることで戦略的にトレードを行なうことも可能です。

バイナリーオプションは、証券会社や専門の業者を通じて利用することができ、取扱い商品の詳細や、発生する手数料などは業者によってそれぞれ異なります。

■ なぜバイナリーオプションが選ばれるのか

こうしたシンプルな取引のバイナリーオプションですが、それだけで人気を博しているワケではありません。バイナリーオプションには他のトレードにはない様々なメリットあります。

短い時間で結果がわかる

バイナリーオプションでは設定された時間の中で、相場が上がるか下がるかを予想しますが、その設定された時間は長くても24時間、短いものだと60秒からあり、たとえばこの60秒のものだと1分後には予想結果がわかることになります。

これは、常にパソコンの前に張り付いて、相場の動きをチェックしながらタイミングを見計らって売り買いをしなくてはならない取引に比べて、そもそも取引にかける時間を短縮することができ、普段忙しい人でも安心してトレードを行なうことができます。

逆に言うと、株式やFXのようにひとつの銘柄を長期保持することによって利益を獲得する、ということができません。自分の戦略に合わせて利用方法を考えるとよいでしょう。

 誰でも簡単にリスク管理ができる

バイナリーオプションの特徴として、そのほかの取引と異なり、注文を出す前からその取引が成功した場合に得られる利益と、もし失敗した場合に発生する損失を確認できるというメリットがあります。

従来のトレードでは、予期できない値動きによって大きな損失が発生してしまうことが往々にしてありました。それは銘柄の注文時と売却時(あるいは逆)の差額を利益とする仕組みになっている以上、避けられない宿命でしたが、そもそもその値動きの幅自体は獲得利益に関係しないバイナリーオプションの場合、相場の変動具合はトレーダーのリスクとはならないのです。

事前に損失額がわかるというのは、リスク管理において非常に有利に働くため初心者でも安心して参加できるのです。

 相場の値動きが小さくでも利益を出せる

これは前項に関係するメリットですが、上記したように値動きの幅が獲得できる利益に関与しないバイナリーオプションは、小康状態の相場においても安定して稼げる可能性を秘めた取引であるということが言えます。

FXや株式の場合、利益があくまで銘柄の値段の変動幅であるために、これが小さいということは、一度の取引で稼げる額が減るということを意味します。そのためトレーダーによっては、値動きの小さい相場では勝負をしないという人も少なくなく、それはすなわち定期的に稼ぐということに支障をきたしかねません。

そういった点においてバイナリーオプションは、いつでも安定して取引を行なうことができると言うことができるでしょう。ただしいくらバイナリーオプションの場合でも、相場の変動幅が少ない場合には予想が当たった時の倍率が小さくなっている場合もありますので、注文を出す前に一度確認することをおすすめします。

 途中で清算することができる

一定時間の間に予想が当たっているのか外れているのかで成否が決定するバイナリーオプションですが、設定された時間内であれば、途中で清算を行なうこともできます。

その際、正規の倍率より少なくなってしまう場合もありますが、既に条件をクリアした時にはこの途中清算を利用することで、損失を回避することができるのです。
ただしこの途中清算は業者によってはサービスを提供していないところもあるので、事前に確認しておく必要があります。

単月収支で黒字になる確率が高い

もちろんトレーダーの力量によってその差はありますが、一般的にトレーダーの単月利益率は5%~10%と言われています。中には30%に及ぶ口座も存在するので、リスクを管理してきちんと取引することで、安定して稼ぐことができると言うことができるでしょう。